PR

カルーンエアーとスゴカルの違いは?人気の軽量A型ベビーカーを徹底比較!

Aprica カルーンエアーメッシュABとCombi スゴカルエアーエッグショックAMを徹底比較! 育児グッズ

赤ちゃんとの外出に欠かせないベビーカー。しっかり比較して、自分たちの生活にあうアイテムを選びたいですよね。
さまざまなメーカーがベビーカーを出している上、種類も多くて選ぶのも大変です。

そこで今回は、新生児から使えるA型ベビーカーの中でも軽いAprica カルーンエアーメッシュABCombi スゴカルエアーエッグショックAM を徹底比較しました。

本記事の概要
  • 基本仕様はよく似ている
  • 価格を抑えたい方、赤ちゃんの快適さを重視する方にはApricaのカルーンエアーメッシュABがおすすめ
  • 使いやすさを重視する方、ベビーカーを畳む機会が多い方にはCombi スゴカルエアーエッグショックAMがおすすめ
みどり
みどり

私は約1年間ApricaのカルーンエアーメッシュABを使用しています!
レビュー記事もぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

カルーンエアーとスゴカルエアーの機能比較表

Aprica カルーンエアーメッシュABとCombi スゴカルエアーエッグショックAMの比較表を作成しました。

  Aprica カルーンエアーメッシュAB Combi スゴカルエアーエッグショックAM
種類 両対面式のA型ベビーカー
使用期間 生後1ヶ月〜36ヶ月(体重15kg以下)
重さ 3.9kg
シート  シルキーエアー素材のメッシュシート 多層メッシュ構造のエアスルーシート
シートの洗濯 洗濯機可
オート4輪 なし
レザー調ハンドル ×
値段 37,400円(税込) 38,500円(税込)
サイズ 開:W455×D816×H1010(mm)
閉:W455×D306×H958
開:W483×D740~880×H995~1040(mm)
閉:W483×D365×H975(mm)
リクライニング角度 117°〜170° 125°〜170°
座面の高さ 51cm 53cm
バスケット 25.3リットル たためるバスケット
27リットル
その他 Wサーモメディカルシステム
がっちりフレーム&やわらかサスペンション
モチカルクリップ
乗り越えステップ
エッグショック

基本仕様はよく似ている

カルーンエアーメッシュABとCombi スゴカルエアーエッグショックAMは、どちらも生後1ヶ月から使用できる両対面式のA型ベビーカーです。
3歳まで長く使え、重さは3.9kgと超軽量。A型ベビーカーの中ではかなり軽いです。

どちらもワンタッチ開閉ができる対面式への変更方法も同じなど、全体的な仕様がよく似ています。また、シートの特徴もよく似ています。頭〜背中、お尻部分まで全体にメッシュシートを採用しており、洗濯機で洗濯することができます。

みどり
みどり

洗濯機で洗濯できて、お手入れが楽ちんなのは嬉しいポイント!

どちらのベビーカーも機能は最低限にとどめ、軽さと低価格を実現しているモデルのため、オート4輪機能は付いていません。背面式はスムーズに押せますが、対面式では少し押しにくさを感じることも

対面式で使うことが多い方は、上位モデルのAprica ラクーナクッション AF
Combi スゴカル4キャスエアー エッグショック HK
を検討しましょう。

オート4輪機能とは?
進行方向に対して、常に前輪はフリーに、後輪はロックする機能です。
オート四輪機能により、対面式と背面式のどちらに切り替えても押しやすくなります。

オート4輪機能

Aprica公式サイトより引用

共通点のまとめはこちら!

重さが3.9kgである
ワンタッチで畳める
新生児〜3歳まで使える
シートが洗濯機可である
両対面式のA型ベビーカーである
シートの素材がメッシュシートである
※どちらのベビーカーもオート4輪機能は付いていません

カルーンエアーとスゴカルエアーを赤ちゃんの快適さで比較

どちらも振動吸収機能が搭載されています。

Aprica カルーンエアーメッシュABでは赤ちゃんの柔らかい頭を安定させるヘッドパッドがついています。
また、車体のぐらつきを抑えでこぼこ道での振動軽減をはかる「がっちりフレーム」、振動軽減と安定走行をバランスよくサポートする「やわらかサスペンション」で振動を吸収します。

Combi スゴカルエアーエッグショックAMにも、「卵すら傷つけない超・振動吸収」が売りの高性能な振動吸収素材エッグショックヘッドパッドがついています。

シートはどちらもハイシート、幌はUVカット素材を使用しています。
Aprica カルーンエアーメッシュABでは「Wサーモメディカルシステム」を搭載しており、暑さ対策もばっちり。背もたれの通気口が風を通し、反射板が熱を跳ね返して座席の温度上昇を防ぎます。

赤ちゃんの快適さで選ぶなら、振動吸収機能が多く搭載されており、暑さ対策もされている「カルーンエアーメッシュAB」がおすすめです。

カルーンエアーとスゴカルエアーをデザインで比較

Aprica カルーンエアーメッシュABとCombi スゴカルエアーエッグショックAMのデザインはこちら。

▲Aprica カルーンエアーメッシュAB

▲Combi スゴカルエアーエッグショックAM

色展開はどちらも、ネイビーとグレーの2色展開
色味、デザインはかなり違うので、気に入ったブランドの方を購入するというのも良いですよね。

デザインにおける大きな違いは、ApricaのカルーンエアーメッシュABのハンドルはレザー調であること。高級感があり、ツルツルしているのでお手入れが簡単です。

ハンドルのデザインを変えたい方はハンドルカバーを使うのも手です!

カルーンエアーとスゴカルエアーを値段で比較

公式の価格は、ApricaのカルーンエアーメッシュABの方が1000円ほど安いです。
また、楽天やAmazonでも、ApricaのカルーンエアーメッシュABの方が大体5,000円ほど安い価格で売られていました。

2023年10月時点の情報です。

価格は時期によって異なります。下の表に大手サイトのリンクをまとめたので、価格の確認にぜひご活用くださいね。

Aprica カルーンエアーメッシュAB Amazon 楽天 Yahoo
Combi スゴカルエアー エッグショックAM Amazon 楽天 Yahoo

カルーンエアーとスゴカルエアーを使いやすさで比較

日常的に使うベビーカーは使いやすさも重要なポイント。
重さは共に3.9kg。A型ベビーカーの中でもかなり軽量のモデルです。

さらに、Combi スゴカルエアーエッグショックAMには、ベビーカーを畳んで片手でもてる持ちカルグリップ」がついており、実際の重さよりも軽く感じるようになっています。
スゴカルエアーの「乗り越えステップ」は地味に便利な機能。大きな段差を越えるときに、足も使えるのは楽ちんです。

バスケットは、Combi スゴカルエアーエッグショックAMの方が27L1.7L分大きいです。
Combi スゴカルエアーエッグショックAMのバスケットは、荷物を入れたままベビーカーを畳める「畳めるバスケット」のため、利便性も高いです。

使いやすさでは、「Combi スゴカルエアーエッグショックAM」がおすすめです。

カルーンエアーとスゴカルエアーがおすすめなのはこんな人!

これまで紹介した比較内容を踏まえて、ApricaカルーンエアーメッシュABとCombiスゴカルエアーエッグショックAMがおすすめな人をまとめました。

ApricaのカルーンエアーメッシュABがおすすめな人
  • 価格を抑えたい人
  • 赤ちゃんの快適さを重視する人
Combi スゴカルエアーエッグショックAMがおすすめな人
  • 使いやすさを重視する人
  • ベビーカーを畳む機会が多い人

好みに応じてベビーカーを選ぼう!

今回はAprica カルーンエアーメッシュABとCombi スゴカルエアーエッグショックAMを比較しました。どちらも機能を最低限にとどめることで、軽さと低価格を実現したA型ベビーカーです。の共通点はこちら。

重さが3.9kgである
ワンタッチで畳める
新生児〜3歳まで使える
シートが洗濯機可である
両対面式のA型ベビーカーである
シートの素材がメッシュシートである
※どちらのベビーカーもオート4輪機能は付いていません

価格を抑えたい方、赤ちゃんの快適さを重視する方にはApricaのカルーンエアーメッシュABがおすすめです。
使いやすさを重視する方、エッグショックに魅力を感じている方にはCombi スゴカルエアーエッグショックAMがおすすめです。

ベビーカー選びの際にぜひ参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました