PR

ホテルニューオータニ東京のビュッフェに子連れで行くときのポイント

お出かけ

こんにちは。midoriです。

先日、ホテルニューオータニ東京《ガーデンラウンジ》の『スーパースイーツビュッフェ〜あまおうスイーツ〜』に行きました。

生後8ヶ月の娘と夫と3人で行き、とても楽しい時間を過ごせました。今回はガーデンラウンジに子どもを連れて行く場合にチェックしたい情報と注意点をご紹介します。
2023年3月の情報です。

子連れ利用時のポイント
  • 子連れ向けの館内マップがある
  • 子ども用食器、子供用椅子がある
  • 子連れでも浮かない
  • 授乳室が遠い
  • 近くのおむつ交換台は女性トイレの中&わかりにくい
スポンサーリンク

ガーデンラウンジを子連れで利用するときのお役立ち情報

子連れむけの館内マップがある

ホテルニューオータニ東京には、『パパとママのための館内マップ』が用意されています。おむつ交換台や授乳室など、子連れに必要な情報がわかりやすくまとまっています

midori
midori

このマップは情報量が多いのにすごいわかりやすい!!
男性も利用できるおむつ交換台には⭐️マークが付いているよ!
(他のショッピングセンターなどにもあるといいなあ)

子ども用椅子、子ども用食器がある

予約時に0歳の子ども連れであることを伝えていたためか、子ども用食器と子ども用椅子を用意してくださっていました。

子供用食器

今回はベビーカーで行ったため、子ども用椅子はすぐに下げてくださりました。そのため、写真は撮れませんでしたが、子ども用の椅子(簡易的な固定ベルトのある、未就学児用の椅子見えましたが用意されていました。

子連れでも浮かない

ガーデンラウンジは年齢制限がないこともあり、子連れの方も結構いました。うちのように、ベビーカーで来ている方も数組いて、子連れでも居やすい雰囲気でした

ガーデンラウンジを子連れで利用するときの注意点

授乳室が遠い

授乳室は宴会階の端(芙蓉の間前)にあります。ガーデンラウンジから行く場合、同じ階の端まで歩いた上で、エレベーターで一階分降りなければなりません。

それなりに距離があるので、ガーデンラウンジに行く前に授乳しに行くのがおすすめです。

ガーデンラウンジの横から日本庭園に出られますが、その出口には階段があります
ベビーカーの場合は、一つ下の階(ザ・メインの宴会階)に降りると出られます。

midori
midori

ベビーカーで日本庭園へ出る場合の出口と、授乳室は同じ階です。
日本庭園→授乳室→ガーデンラウンジの順に行くとスムーズだと思います。

授乳室の様子

授乳室は鍵のかかる個室です。

広さも十分広く、ベビーカーで入ってもかなりスペースに余裕がありました

授乳室にあったもの
  • ソファ(ミニクッションもあり)
  • おむつ替え台
  • 壁付の赤ちゃん椅子
  • 洗面台と給湯器
  • おむつのゴミ箱
  • フロントへ繋がる電話

入口側に洗面台があり、入って右手にソファとおむつ替え台があります。
洗面台とソファの間はカーテンで仕切ることができました。

授乳室の様子1
入口入ってすぐ

洗面台と給湯器、おむつ用ゴミ箱があります。

入口入って右手側①

ソファと赤ちゃん用椅子、内線電話があります。

入口入って右手側②

おむつ交換台があります。

芙蓉の間前の授乳室は1部屋です。
他の方が利用していると待つことになるので、時間には余裕を持って行くのがおすすめ

マップによると、他にもカーテンで仕切られた授乳スペースはあるようです。

midori
midori

授乳室はとても快適でした!

ガーデンラウンジに近いおむつ交換台は女性トイレの中&わかりにくい

ガーデンラウンジから近いおむつ交換台は女性トイレの中にのみあります。男性がおむつ替えをする場合は、久兵衛近くのトイレが1番近そうです。

■ガーデンラウンジに最も近いトイレ

  • ドアは押し戸
  • ベビーカーで入るには狭め
  • おむつ交換台は入口からは見えず(並んでいたので、入るのは断念しました)

■レインボウ(フラワーショップ)横のトイレ

  • ドアは押し戸
  • ベビーカーで入るには狭め
  • おむつ交換台は入口からは見えませんでしたが、個室の前の壁に1台あり
  • 荷物を置く台はないが、おむつゴミ箱はありました。

芙蓉の間前の授乳室の横には、多目的トイレがあり、そこにはおむつ交換台もありました。ベビーカーでも入りやすかったので、授乳とまとめておむつ交換も済ませるのが良さそうです。

まとめ:マップを活用して効率よく!授乳室とおむつ交換台は要チェック

パパとママのための館内マップ』には必要な情報がきっちりまとまっています。
しかし、実際行ってみると距離があったり、ベビーカーでは動きづらい箇所があります
事前にマップで予習をして、時間に余裕を持って行動するのがおすすめです

タイトルとURLをコピーしました