PR

はじめてずかん1000で1歳児の成長を楽しもう!おすすめポイントも紹介

はじめてずかん1000はいつから? 育児グッズ

1歳の誕生日プレゼントとしてSNSで人気の小学館の「タッチペンで音が聞ける!はじめてずかん1000」。

いつから自分でタッチペンを使えるのか、実際に1歳でも遊べるのか、気になりませんか?
我が家では、1歳の誕生日直後にはじめてずかん1000を購入しました。1歳の場合はどのように遊べるのか、1歳0ヶ月〜1歳3ヶ月の娘が遊ぶ様子を紹介します。

概要やおすすめポイントもまとめていますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • 実際に1歳でも遊べる?娘の反応は?
  • はじめてずかん1000の概要
  • はじめてずかん1000のおすすめポイント
スポンサーリンク

実際に1歳でも遊べる?娘の反応は?

結論から言うと、はじめてずかん1000は1歳でも十分遊べます。
我が家は、娘が1歳0ヶ月のときに購入したので、1歳0ヶ月からの娘の反応を紹介します。

1歳0ヶ月からの娘の反応
  • 1歳0ヶ月
    大人がタッチして音を聞く&タッチペンをつけたり消したりする
  • 1歳1ヶ月
    (たまに)自分でタッチができるようになる
  • 1歳2ヶ月
    意図した場所をタッチできるようになる
  • 1歳3ヶ月
    いくつかの単語がわかるようになる

1歳0ヶ月:大人がタッチして音を聞く&タッチペンをつけたり消したりする

1歳0ヶ月のときは、タッチペンでタッチすることはできなかったので、娘が指差ししたものを大人がタッチする形で遊びました。娘の手を持って、一緒にタッチの練習をしてみたりもしました。

タッチペンの電源ボタンは押しやすい場所にあります。娘にタッチペンを渡すと、ボタンを押して電源を切ったり入れたりして遊んでいました。
電源を入れると、「タッチペンで音が聞ける!はじめてずかん1000」という音が鳴ります。
リモコンで遊ぶお子さんなら、タッチペンだけでも楽しく遊んでくれるはずです。

1歳1ヶ月:(たまに)自分でタッチができるようになる

購入から1ヶ月経ち、自分でタッチできるようになりました。ただし、この時期は意図した場所のタッチはできませんでした。数回に1回、当たって音がなって嬉しいという感じでした。

みどり
みどり

音が鳴ると、自分でパチパチ。喜ぶ様子もまたかわいかったです♪

1歳2ヶ月:意図した場所をタッチできるようになる

1歳2ヶ月になると、意図した場所をタッチできるようになりました。

ゲームやクイズの意味はまだわかっていませんが、「ゲームスタート!」の音を聞くのが好きなようで、1日に何回もゲームをしています。

購入して3ヶ月後の様子。ページがところどころ外れてしまっています。

我が家のはじめてずかんは購入して3ヶ月ですでにボロボロです。タッチペンの電池交換も既に2回目‥。
ここまで遊ぶ子も珍しいかも?と感じるくらい、毎日何時間も遊んでいます。

みどり
みどり

うちの子は、他のどのおもちゃよりもハマりました!

1歳3ヶ月:いくつかの単語がわかるようになる

いくつか単語がわかるようになってきました。「ピーマン」「バナナ」「スプーン」など、ページを開いて単語を言うとタッチペンでタッチしてくれます

発語はまだありませんが、今後が楽しみです!

はじめてずかん1000の概要

はじめてずかん1000 はタッチペンで画像をタッチすると、モノのなまえを読み上げてくれる図鑑です。

はじめてずかん1000の最大の特徴は、モノのなまえを読み上げる以外にも楽しい仕掛けがたくさんあること。特徴的な仕掛けをまとめました。

  • 生き物の鳴き声
  • 救急車などの車の音
  • 音楽(クラシック、季節の歌など)
  • なまえや音を聞き、写真をあてるクイズ
  • ゲーム(音楽にあわせて楽器をならす、洋服を選ぶ、スープを作る、うた遊び)

ゲームやクイズなど、文章が理解できるようになってから楽しめる仕掛けもあり、大きくなってからも遊べます。

みどり
みどり

ひらがな、カタカナ、アルファベット表のページもあるので、勉強にも使えますよ!

はじめてずかん100の概要はこちら。対象年齢が幅広いのが特徴的ですね。

出版社小学館
値段4,928円
発売日2020年6月17日
対象年齢0歳〜小学校入学まで
言語日本語、英語
語彙数1000
ページ数68ページ
タッチペンの電池単4電池2本
はじめてずかん1000の概要
タッチペンの重さ
タッチペンの重さは71g(誤差あり)

タッチペンの重さは、電池込みで71g。1歳でも十分に持てる重さです。

図鑑本体の重さ
図鑑本体の重さは875g(誤差あり)

図鑑本体の重さは、875g。
少し重たいので、足の上に落としたら危ないですね。

はじめてずかん1000のおすすめポイント

1歳0ヶ月から3ヶ月使用して感じた「はじめてずかん1000」のおすすめポイントを紹介します。

  • 写真を使っている
  • 英語モードがある
  • ひとりで遊んでくれる
  • 電池の蓋がネジ式で安全である

写真を使っている

カメラの写真

「はじめてずかん1000」に載っているモノは全て写真です。

絵やイラストではわかるのに、実物を見て理解できないと困りますよね。
「絵の犬」も「実物の犬」も『犬』として認識できるようになることは大事です。

絵本の多くは絵で描かれています。
絵は絵本で知る、写真は図鑑で知る、と使い分けができますよ。

英語モードがある

英語

「はじめてずかん1000」には英語モードがあり、英語にふれる機会をふやしたい方にもおすすめです。
各ページにある「えいご」「にほんご」ボタンをタッチペンでタッチすると、言語が切り替わります。

自分でモードを切り替えられるので、自由に遊んでいます。

ひとりで遊んでくれる

タッチペンを一人で使うようになると、「はじめてずかん1000」でひとり遊びをする時間が増えました。

「はじめてずかん1000」は厚紙を使ったボードブックなので、1歳でも簡単にめくれますよ

電池の蓋がネジ式で安全である

タッチペンは電池式(単四電池2本)
タッチペンは単4電池2本を使った電池式。
電池を入れ替える様子
電池の入れ替えにはドライバが必要です。

タッチペンは電池式(単4電池2本)です。電池ボックスはネジでとめる形式のため、安全です。

みどり
みどり

電池が無くなりそうになると、「電池が無くなりそうだよ!交換してね。」と音がなります。

はじめてずかん1000はいつから?1歳にもおすすめ!

1歳のお誕生日プレゼントとして人気のはじめてずかん1000。1歳でも遊べるのか、実際に娘の1歳0ヶ月〜1歳3ヶ月までの様子を紹介しました。

1歳0ヶ月からの娘の反応
  • 1歳0ヶ月
    大人がタッチして音を聞く&タッチペンをつけたり消したりする
  • 1歳1ヶ月
    (たまに)自分でタッチができるようになる
  • 1歳2ヶ月
    意図した場所をタッチできるようになる
  • 1歳3ヶ月
    いくつかの単語がわかるようになる

はじめてずかん1000は1歳でも十分に遊べます。1歳におすすめなポイントはこちらです。

  • 写真を使っている
  • 英語モードがある
  • ひとりで遊んでくれる
  • 電池の蓋がネジ式で安全である
みどり
みどり

デメリットは本体が少し重め(875g)なことくらい…

本当に買ってよかったおすすめアイテムです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました