PR

テレビなし生活のメリット・デメリット【体験談】普段の過ごし方も紹介

テレビなし生活のメリット・デメリット 暮らし
  • テレビなし生活って実際どう?
  • テレビのメリット・デメリットが知りたい
  • 最近テレビを見なくなったな…捨てても困らないかな?

今回はこんな疑問にお答えします。
我が家は2年以上、テレビなし生活をしています。(夫と1歳の娘、私の3人暮らし)

2年間テレビなし生活を送ってわかったメリット・デメリットや、テレビなしでどのように暮らしているか、テレビなし生活のはじめ方などを紹介します。

スポンサーリンク

テレビなし生活のメリット

テレビなしのリビング

テレビなし生活のメリットは以下の4つです。

  • 節約になる
  • 部屋がすっきりする
  • 時間を有効活用できる
  • ネガティブな情報から離れられる

テレビなし生活のメリット1:節約になる

NHKの料金

テレビ本体、レコーダー、テレビ台の代金

テレビがないと、上記の費用がかかりません。
リビングに置くサイズのテレビは安くても5万円はしますよね。高いものだと20万円を超えるものも。レコーダーやテレビ台も合わせると、かなりの金額です。

また、テレビを持っていると、NHK代が毎月かかります。2023年7月時点では、NHK代は2ヶ月に1回の支払いだと1,225円/月。年払いにして安くなったとしても、1か月あたり約1,138円です。

テレビなし生活では、テレビ関連商品の初期費用NHK代が全くかからず、節約になります。

テレビなし生活のメリット2:部屋がすっきりする

テレビなし生活は、部屋がすっきりします。
テレビがないとテレビ本体だけでなく、テレビ台やブルーレイレコーダーなど周辺機器も不要になるからです。
テレビやテレビ台はかなり場所をとる大型家具。それらがないだけで、かなり部屋が広く見えます。
配線を考える必要もないので、家具のレイアウトも自由になりますよ。

狭い部屋を効率的に使いたい、何だか部屋がごちゃごちゃして見える方にはテレビなし生活はおすすめです。

テレビなし生活のメリット3:時間を有効活用できる

気になる番組を見た後、その次の番組もなんとなく見てしまうことはよくありますよね。

テレビは自分で消さないと次の番組が連続して流れるので、見たかった番組以外も見てしまいがち
テレビがないとなんとなくテレビを見る時間が減るため、時間を有効活用できます

だらだら過ごす時間が減り、やりたいことに時間を使えるようになりました。

テレビなし生活のメリット4:ネガティブな情報から離れられる

ネガティブな情報から離れられる」これが個人的には一番大きなメリットです。

精神的に弱っているときや疲れているときに、ひどい事件や事故のニュースを見ているとつらい気分になりませんか?
私は特に、妊娠中がそうでした。普段はテレビなし生活をしていますが、里帰り出産で実家に帰るとテレビがありました。
ニュースを見ていると、とある発砲事件について繰り返し放送されており、かなりつらい気持ちに。親にお願いして、出産まではドラマやバラエティ以外のテレビは消してもらうことにしました。

SNSやネットニュースは、自分で「見ない・読まない」選択ができます。
自分の体調や精神状況を見つつ、情報を選べるのは良いですよ。

ネガティブな情報に影響されやすい方にはテレビなし生活はおすすめです。

テレビなし生活のデメリット

テレビなし生活のデメリットは、以下の2点です。

  • 流行に疎くなる
  • 世間のニュースに疎くなる
みどり
みどり

情報が少なくなる、不足するのがデメリットですね。

テレビなし生活のデメリット1:流行に疎くなる

テレビなし生活をして困ったことは、流行りのアイテム最近有名な芸能人わからないことです。

友人と話しているときに、「〇〇って知っている?」と聞かれたときに、知らないことが増えました。
まだテレビを見ている人は多いです。テレビの流行は抑えておいた方が、会話のネタに困りません。

対応策:TwitterやInstagram等のSNSを活用する

テレビなし生活のデメリット2:世間のニュースに疎くなる

世間のニュースに疎くなる」これがテレビなし生活における一番のデメリットだと思います。

テレビはつけるだけで幅広い情報を提供してくれます
朝食を食べながらニュースを見て、事件や事故などの世間の情報を知ることはよくありますよね。

テレビなし生活では、自分からニュースを見にいかないと世間のニュースがわからなくなります。
例えば、自分の住んでいない地域の災害情報や、速報が入るような重大事件など「誰もが知っている事件・事故」にも気がつかない可能性が。

大人として必要最低限、ニュースはチェックしておくべきですよね。私はYahoo!ニュースやLINEニュースなどスマホで確認できるニュースは毎日確認するようにしています。
また、夫の都合で日経電子版を購読しているので、日経電子版も活用しています。

対応策:スマホで確認できるネットニュース、新聞を活用する

テレビなしでどのように暮らしている?

テレビを見る人

二人とも元からテレビは見ないタイプだったので、テレビを捨ててもライフスタイルはあまり変わりませんでした。

視覚を使う娯楽は、麻雀の試合。パソコンを使ってU-NEXTで週10時間ほど見ています。
ドラマやバラエティはTVerを使って見ますが、週1時間より少ないです。
情報収集はSNS日経新聞を活用し、スマホで見ています。

みどり
みどり

ABEMAプレミアムを追加で契約しようか迷い中、、

ABEMAプレミアムも2週間無料のお試し期間があるので、試してみようかな?

夫は野球の試合をスマホやパソコンで見たり(パ・リーグSpecial for 楽天モバイルを利用)、YouTubeスマホで見ています。

娘はまだ1歳のため、動画はほとんど見せていません
もう少し大きくなったら、テレビを買うことを検討するかもしれません。

テレビなし生活のはじめ方

テレビなし生活のはじめ方

いきなりテレビを捨ててしまうのはおすすめしません。テレビなし生活が合わないと感じたときに、テレビを捨ててしまっていると、再購入するのに費用がかかるからです。

おすすめの始め方は、リモコンをしまうこと。
リモコンをしまい、テレビに布か何かをかけて簡単には見れないようにしてしまいましょう。
そして、テレビの代わりの情報収集手段や、娯楽を見つけましょう。

1ヶ月程度、テレビなし生活を試してみて、テレビがなくても問題ないなと思ったら捨てるのがおすすめですよ!

テレビなし生活でもテレビ番組を見る方法

基本テレビは見ないけれど、いくつかの番組だけは見たいという方もいるかもしれません。

テレビなし生活でも、動画配信サービスを利用すれば、テレビ番組を見ることができます。
TVer」や「Amazonプライムビデオ」、「U-NEXT」、「Hulu」など、有名ですよね。
便利な動画配信サービスを利用して、見たい番組は見ましょう!

上記に挙げたものは、TVer以外は有料のサービスです。
※無料お試し期間あり(Amazonプライムビデオは30日間、U-NEXTは31日間、Huluは2週間)
また、すべての番組が見られるわけではないので、見たい番組があるか調べてみてくださいね。

まとめ:テレビなし生活はメリットデメリット両方ともある!まずは1ヶ月試してみよう!

今回はテレビなし生活について紹介しました。
テレビなし生活のメリット・デメリットはこちら。

  • 節約になる
  • 部屋がすっきりする
  • 時間を有効活用できる
  • ネガティブな情報から離れられる
  • 流行に疎くなる
  • 世間のニュースに疎くなる

テレビなし生活で、なんとなく時間を無駄にする癖がなくなりました。個人的には、テレビなし生活はとても快適です。

しかし、テレビなし生活が合わない方もいるでしょう。
自分でニュースや流行など必要な情報を得られるか、テレビ以外にも楽しめることがあるかなど、まずは1ヶ月お試ししてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました