PR

赤ちゃん連れで上野動物園に行くなら西園がおすすめ!

上野動物園と赤ちゃんと行くなら西園がおすすめ お出かけ
  • 動物園っていつから楽しめるの?
  • 上野動物園に赤ちゃんを連れていく場合、どのスポットがおすすめ?
  • 上野動物園にベビーカーを預けられる場所・借りられる場所はある?

赤ちゃんを連れてお出かけするときに動物園を検討する方は多いですよね。
お子さんにもよりますが、生後何ヶ月くらいから楽しめるか気になりませんか?

2023年4月の平日に生後9ヶ月の娘を連れて上野動物園に行ってきました。娘にとっては初めての動物園。
今回は行ってみた正直な感想と、上野動物園に赤ちゃん連れで行く時のお役立ち情報をご紹介します。

上野動物園ってかなり広いよね?9ヶ月でも楽しめた?

midori
midori

とても広いから、全部回るのは赤ちゃん連れではむずかしいよ!

西園に絞るのがおすすめ!

反応は全体的に薄めだったから、楽しめたかは微妙かも・・?
でも、色がはっきりしていたり鳴き声がする動物はよく見ていたよ!

今回の内容
  • 赤ちゃん連れで行くなら西園がおすすめな理由3つ
  • 0歳9ヶ月で上野動物園に連れて行ったレポ
  • 赤ちゃん連れに便利な上野動物園情報
上野動物園のパンダの混雑状況はこちら!
スポンサーリンク

上野動物園に赤ちゃん連れで行くなら西園がおすすめな理由3つ

赤ちゃん連れなら西園がおすすめの理由
  • 平坦な道が多いのでベビーカーで進みやすい
  • 記念撮影ができる
  • 子ども動物園すてっぷがある

赤ちゃん連れなら西園がおすすめの理由1:平坦な道が多いのでベビーカーで進みやすい

上野動物園には、「車椅子・ベビーカー利用者マップ」があります。

車椅子・ベビーカー用マップ

上野動物園公式サイトより引用

マップ上の通路が勾配ごとに色分けされていて、車椅子やベビーカーで通行するのは避けたほうが良い箇所には注意マークがついています。

地図を見ると、「急勾配」を示す赤い通路は主に東園にあり、西園は「ほぼ平坦」を示す青い通路が中心であることがわかります。
ベビーカーを利用する場合、平坦な道が多い西園の方がおすすめです。

■西園で注意マークがついている箇所について
西園で注意マークがついている箇所は2箇所。いそっぷ橋スロープと小獣館スロープです。
それぞれ、急勾配のスロープを通らずに済む方法が用意されています。

  • いそっぷ橋スロープ⇨エレベーターが1台あります。
  • 小獣館スロープ⇨小獣館の外側にベビーカー置き場あり。抱っこで小獣館に入ることができます。

赤ちゃん連れなら西園がおすすめの理由2:記念撮影ができる

旧モノレール西園駅構内には、パンダフォトサービスという記念写真のサービスがあります。

パンダの置物を挟んで写真を撮ることができます。
2023年4月現在は、マスクを外しての写真撮影OKでした。ただ、価格は1,300円に値上がりしています。

記念写真

写真を撮ると、無料でシロクロの小さいフォトカード(左側)がもらえます。
1,300円出して購入すると、台紙と大きなカラー写真(右側)がもらえます。

カラー写真にはQRコードが付いていて、QRコードを読み取ると写真がデータでダウンロードできます

midori
midori

写真1枚に対して1,300円は高いかな?と思ったけど、写真+台紙+データと考えると妥当ね!

無料のシロクロ写真だけでも記念になるので、ぜひ撮ってみてください。

赤ちゃん連れなら西園がおすすめの理由3:子ども動物園すてっぷがある

西園には「子ども動物園すてっぷ」という子ども動物園があります。
子ども動物園すてっぷには、小動物と触れ合えるコーナーや幼い子ども向けの「はじめてルーム」などがあり、子どもたちが動物について学べる場所が提供されています。

残念ながら、はじめてルームは2023年4月現在、休止中です。
体験プログラム「モルモットとなかよし」も私が行った時は休止中でした。
モルモットとなかよしは、2023年5月9日から再開予定です。

夫

はじめてルームが再開したら、また連れて行ってあげたいな。

0歳9ヶ月で上野動物園に連れて行ったレポ

当日の上野動物園内のまわり方

上野動物園の地図

上野動物園の公式サイトより引用

当日の回った順路をざっくりまとめるとこんな感じです。
【東園:正門〜ゾウ〜サル山】⇨【西園:パンダ〜アフリカの動物〜鳥〜小獣館〜パンダ〜弁天門】
合計2時間20分ほどの滞在でした。

今回ははじめてだったので、ほぼ平坦な道を選んでいきました。
基本的に通った通路は広々としていて、押しづらい場所もありませんでした

当日のスケジュール
  • 11:40
    上野動物園の正門に到着
  • 東園:ゾウの住む森を見学
    象の写真
  • 東園:サル山を見学
    さる山の写真
  • いそっぷ橋を通って西園へ
  • 西園:パンダフォトサービスで写真を撮ってもらう
  • 12:00
    西園:パンダのもりを見学

    リーリー・シンシンをみました。

    パンダの写真
  • 12:30
    西園:フードショップ西園休憩所でお昼ご飯

    離乳食は持ち込みました。上野動物園は飲食物持ち込み可です。

  • 西園:アフリカの動物を見学
    キリンの写真
  • 西園:フラミンゴ・ペンギンなどを見学
    フラミンゴの写真
  • 西園:小獣館を見学

    ベビーカーは小獣館の前に置いて抱っこで入りました。地下は暗く、見えないだろうと思ったので見ませんでした。

  • 西園:パンダのもりを見学
  • 14:00
    弁天門から帰宅

当日の天気・混雑度

■天候
快晴で、風も強くなく、半袖の人も長袖の人もいるくらいのちょうどいい気温の日でした。

■混雑度
団体客はいるが、柵の最前列で見られた。比較的空いている日。

上野動物園は0歳9ヶ月でも楽しめた?反応の良かった動物は?

うちの子は基本は無反応でした・・・
しかし、そんな中でも動きを注視したり、少し声を出したのはフラミンゴ、パンダ、キリンです。

大きく、色がはっきりしている動物の方が楽しめるのかもしれません。

midori
midori

本格的に楽しめるのは、まだ先かもしれません。
もう少しハッキリ声を出したり、指をさしたりして反応するようになったら、年間パスポートを買おうかな?と思っています。

赤ちゃん連れに便利な上野動物園情報

上野動物園のベビーカー情報や、授乳室、おむつ替え台に関しては、以下の記事にまとめています。
赤ちゃん連れで行く方は、ぜひ確認してみてくださいね。

まとめ:赤ちゃん連れなら西園がおすすめ!0歳9ヶ月はまだ早かったかも?

赤ちゃん連れなら西園がおすすめの理由
  • 平坦な道が多いのでベビーカーで進みやすい
  • 記念撮影ができる
  • 子ども動物園すてっぷがある
0歳9ヶ月の反応
  • 基本は無反応
  • フラミンゴ、パンダ、キリンなど色のハッキリした大きな動物は観察している様子あり。
  • もう少し成長した方が楽しめるかもしれない

最近、他の赤ちゃんやおもちゃにはかなり興味津々のため、基本的に無反応だったのは想定外でした!
反応はあまりなかったけれど、においや雰囲気、鳴き声など何か少しでも刺激になっていたらいいなと思っています。
また時間を空けて(少し歩けるようになったくらいかな?)再チャレンジしてみようと思います。

上野動物園の基本情報

■開園時間
9:30〜17:00まで(チケットの販売・入園は閉園の1時間前まで)

■休園日
月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合はその翌日が休園日)
年末年始(12月29日~翌年1月1日)

開園時間・休演日は一部例外の日があるため、こちらをご確認ください。

■入園料

個人年間パスポート
一般600円2,400円
65歳以上300円1,200円
中学生200円なし
都内在住・在学の中学生
小学校6年生まで
無料なし
身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、
精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方
無料なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました