PR

木琴は1歳から遊べる?バチが危険?楽器おもちゃを正直レビュー

木琴は1歳から遊べる?バチは危険? 育児グッズ

1歳児のおもちゃ選びは遊んでくれるかわからず、難しいもの。せっかくなら、楽しく遊んでくれるおもちゃをプレゼントしたいですよね。

1歳児のプレゼントとしても人気の木琴。

「木琴は1歳から遊べる?」「木琴のバチは危険?」

今回は楽器おもちゃを購入したときの娘の様子を踏まえて、上記の疑問にお答えします。

みどり
みどり

我が家ではエデュテの楽器おもちゃ「スロープローラー&ミュージックステーション」を1歳の娘にプレゼントしました。
記事後半でレビューするのでぜひお読みください。

我が家の楽器おもちゃはコレ!
スポンサーリンク

木琴は1歳から遊べる?

木琴は「バチを持つ、鍵盤をたたく」という動作があわさって初めて音がなります。とくに1歳なりたての子どもには複雑で難しいです。

うちの娘も、1歳になりたての時期は木琴の音は鳴らせませんでした。バチは持てますが、鍵盤を叩くのは難しかったようです。
音を鳴らせるようになってきたのは、1歳3ヶ月に入ってから。それも、まだ偶然当たって音が鳴るような状況です。

現在1歳3ヶ月ですが、まだ基本は大人が音を鳴らしています。娘はパチパチしたり、音に合わせて手を振ってみたりと、楽しんでいますよ。

木琴のバチは危険?

1歳児にバチを渡してひとり遊びさせることは危険です。
楽器以外のものを叩こうとするからです。兄弟がいれば、怪我をさせてしまうかもしれません。

また、お子さんがまだ口にものを入れる時期の場合はさらに危険です。バチを舐めながら歩き、転んだら喉の奥にささってしまうかもしれません。
そのため、保護者が側にいて見ていられるとき以外は、バチはしまうのがおすすめです。

バチの両端が丸くなっているものや、バチの長さが短いものは比較的安全です。バチの形をよく見て木琴を選ぶのも良いでしょう。

みどり
みどり

バチを渡したら、しっかり見守りましょう。

スロープローラー&ミュージックステーションのレビュー

ここからは、我が家が購入した楽器おもちゃ「スロープローラー&ミュージックステーション」を紹介します。

スロープローラー&ミュージックステーションは、一方が楽器、反対側がスロープトイになっている木のおもちゃです。

楽器の種類は5種類(木琴、たいこ、シンバル、鈴、ギロ)。楽器は横に倒した状態でも遊べます。スロープトイには2つの卵型のボールがついていて、ボールを振るとカタカタと音がします
大きさは幅47×高さ34×奥行き21cm。少し大きめです。

スロープローラー&ミュージックステーションの表側
スロープローラー&ミュージックステーションの裏側

木の知育玩具で有名なエデュテがつくっており、一部の店舗では名入れもできますよ

スロープローラー&ミュージックステーションの良いところ

スロープローラー&ミュージックステーションの良い点はこちらです。

  • 持ち運びやすい
  • 12ヶ月から遊べる
  • 安全な塗料を使用している

持ち運びやすい

持ち運びやすい取っ手(黄緑部分)付き。バチは本体に収納できる。

スロープローラー&ミュージックステーションは持ち運びやすいです。バチが本体に収納でき、取っ手がついているので1回で持ち運べます。

普段は子供部屋にしまっているけれど、家事をするときに近くで遊んでいてほしいなど、家の中でおもちゃを持ち運ぶことは結構ありますよね。持ち運びしやすいのは便利です。

12ヶ月から遊べる

スロープローラー&ミュージックステーションには打楽器(木琴・たいこ)以外の楽器・おもちゃがついています。

打楽器を自分でならして遊ぶのは1歳なりたてだと難しいですが、スロープトイや鈴であれば、1歳になったばかりでも自分で遊ぶことができます。

スロープローラー&ミュージックステーションにバチが収納できる様子

また、スロープトイのボールは振るとカタカタと音がなります。重さは82g、長さは6cmほどなので、お子さんでもしっかりと持てますよ。

スロープトイのボール

安全な塗料を使用している

子どもが遊んでいる様子
子どもが遊んでいる様子

スロープローラー&ミュージックステーションの塗料は食品衛生法に準じた安全な塗料を使用しています。
なんでも口に入れてしまう子どものおもちゃだからこそ、安全性にはこだわりたいですよね。

スロープローラー&ミュージックステーションの気になるところ

スロープローラー&ミュージックステーションの気になる点はこちらです。

  • 倒れやすい
  • バチが危険
  • 木琴が調律されていない

倒れやすい

スロープローラー&ミュージックステーションは倒しても遊べるおもちゃなので、倒れやすいです。お子さんがつかまり立ちをする時期の場合は、注意しましょう。

みどり
みどり

楽器をならすときは倒して遊べるのは便利なのですが‥

バチが危険

バチの長さは約19cm。舐めながら歩き、転んでしまうと危険です。小さいうちは大人の見守りの下で使いましょう。
ひとりで遊ぶ場合は、バチはしまっておくのがおすすめです。

木琴が調律されていない

商品説明にも注意書きが載っていますが、木琴は調律されていません
正しい音階の木琴が良い場合は、ボーネルンドのおさかなシロフォン(対象年齢:1歳半〜)やカワイのくまのもっきん(対象年齢:3歳〜)などがおすすめです。

ナチュラルリビング ママ*ベビー
¥11,000 (2023/10/31 22:07時点 | 楽天市場調べ)
Joshin web 家電とPCの大型専門店
¥11,000 (2023/10/31 22:07時点 | 楽天市場調べ)

木琴は1歳でならすのは難しいけれど楽しめる!バチは危険なので使うときは見守りましょう。

「木琴は1歳から遊べる?」「木琴のバチは危険?」

今回はこれらの疑問に関する解答を紹介しました。
木琴を1歳児が自分で鳴らすのは難しいですが、大人が音を鳴らせば十分に楽しめます
木琴のバチは危険なので、大人が見守れるときに渡すようにしましょう。

また、今回は我が家の楽器おもちゃ「スロープローラー&ミュージックステーション」のレビューも紹介しました。

スロープローラー&ミュージックステーションの良い点、気になる点はこちら。

  • 持ち運びやすい
  • 12ヶ月から遊べる
  • 安全な塗料を使用している
  • 倒れやすい
  • バチが危険
  • 木琴が調律されていない
みどり
みどり

うちの娘は楽器側より、スロープトイの方をよく遊んでいます♪

2種類の遊び方ができるので、楽器かスロープトイのいずれかは遊んでくれるのではないでしょうか。
木琴などの楽器おもちゃの購入に悩む方にとって、この記事が参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました